​少年向けフットプロム

少年向けは育成の観点から、よりサッカーやフットサルの実践に役立つ事を念頭に入れ、一般向けとは異なるルールで行います。

 

  1. 右図の様に6m×8mのコートで、中央にカラム、左右にゲートを設置。

  2. 真ん中に立てられたカラムにボールを当てる、もしくは両サイドのゲート(マーカーとマーカーの間)をドリブル突破でポイント

  3. 競技時間は1分30秒ランニングタイム。競技会では前後半、合計3分にて行います。

【勝敗決定】

カラムにボールを当てる、サイドに作られたゲートの間をドリブル突破、いずれも1点としてカウントし、制限時間終了後に得点が多い方のプレーヤーが勝利となります。

【キックオフ】

キックオフは、双方がカラムの手前に位置取り、パス交換をしてスタートします。

​※審判がいる場合は、ダイレクトパスを続けて笛が鳴った時にボールを保持していた選手からオフェンス。いなければジャンケンやコイントス等でどちらボールか決めた後、パス交換でスタートしましょう。

得点後やタッチラインを割った場合なども全てこの形でスタート(出たところからではなく中央に戻ってスタート)します。

【ペナルティ】

ファールなどがあった場合には、ファールを受けた側からのキックオフでパス交換をして再開します

​プレーのイメージ等については動画を御確認下さい。

フットプロムで​期待される効果

負けたくない!という強い気持ちを育てる

攻守の切替が早くなる

自分のプレーに責任を持つようになる

相手にドリブルで抜かれた際、サッカーの試合などチームプレーの中ではどうしても、“自分の責任”があやふやになります。

後ろの味方がナイスクリアをしてくれれば、その前の抜かれたプレーは“なかったこと”になってしまいます。

1対1で戦うフットプロムでは、抜かれたらもう後ろに味方はいません。勝つのも負けるのも自分の責任です。“なかったこと”には出来ません。

フットプロムを繰り返し行い、責任感の強いチームメイトから頼りにされるプレーヤーを目指して下さい。