フィジカルトレーニングについて

これまで、YHプロミネンツのメンバー限定で行っておりましたフィジカルトレーニングを、2022年7月よりスクール生及び一般向けにも開放致します。

【日程・会場】
日程:毎週火曜日・17:00~18:30
​会場:フットプロムフィールド東戸塚


【料金】
8,800円/月
​※1on1サッカースクール生及びプロミネンツの選手であれば複数曜日割引(3,300円)が適用されます。


【講師】
善明 順也(つばさ整骨院・院長)
​※プロアスリートのサポートをはじめ、小学生年代のアスリートに対しても、怪我やトレーニングに多数の実績をお持ちです。

【お申込方法】
下記事項をご記載の上、info@footprom.net までご連絡下さい。また、既にスクール生及びプロミネンツの選手の場合には、ご登録いただいているLINEからのご連絡でも結構です(下記事項を改めてご記載いただく必要はありません)。

タイトル:「フィジカルトレーニング参加希望」
①児童氏名及びカナ
②小学校名及び学年
③所属チーム
④保護者氏名
⑤ご住所
⑥お電話番号

【内容】
フィジカルトレーニングで行う内容は、下記の​4つに大きく分けることが出来ます。

①体操系
②体幹系
③アジリティ系
④持久系

①の体操系は、ブリッジや倒立などいわゆる体操教室で行う様なメニューで、脳からの信号をいかに手や足に伝えるか、というメニューです。②の体幹はプランクやアニマルウォークなどを通じて体幹を強化し、身体のバランスを安定させるメニューです。
③のアジリティ系は、ミニハードルやステップワークを通じてアジリティを高めるメニュー、④の体力系は坂道の長距離走などを通じて持久力を高めることを目的として行うメニューです。


これらを組み合わせて60分のメニューを行い、後半30分はボールを使ったトレーニングも行います。ただし、ボールを使うと言ってもスクールの様に1対1をバチバチやるわけではなく、スローインやリフティングなどを体幹を意識しながら行うことを目的とします。

【得られる効果】
皆さん、多くはフィジカルトレーニングというとマッチョマンを作るようなイメージをなさると思いますが、上記【内容】に記載した通り、筋力を鍛えるという事ではなくて身体の動かし方を学ぶというイメージです。
そしてこれによって、身体のバランスが整った動き方を覚えることで、例えばパスを受ける時に1mズレたという様な場合でも身体の軸を残したままプレイできるのでミスが減り、ディフェンス時には例え抜かれたとしてもバランスが崩れないので二度追い三度追いが出来るようになります。

こう言った効果は当然、一朝一夕に出るものではありませんが、続けていくことで“立ち姿”が変わってきます。

クリスティアーノ・ロナウドをイメージしていただければと思いますが、彼は常に上半身が“立って”います。そう言った姿勢でプレイすることは、意識すればそうなるというわけではなくトレーニングを続けることによって得られるものです。

サッカーにおいては、レベルが上がれば上がるほど、ドリブルやパスなどのいわゆる“技術的な差”はなくなってきます。週に5回も6回もサッカーの練習に取り組んだところで、成長幅は徐々に限定的になっていきます。
例えばインサイドキックの精度は、10万回取り組んでそれを11万回にしたところでさして変化はないでしょうし、新しいフェイントを覚えたところでそれが試合に活きる場面なんて実は殆どありません。
それよりも、全ての運動の基礎となるこう言ったフィジカル的な要素を高めることが重要になってくると考えております。

その上でさらに言うと、怪我予防という観点も非常に重要です。
サッカーはどうしても利き足を多く使うために筋力バランスが悪くなってしまい、それが膝や股関節、踵などの痛みとなって表出しがちなスポーツです。怪我は急に訪れる様に思えますが、(打撲や捻挫などアクシデント的な怪我を除いて)何年もずっと積み重なってきた習慣や癖による場合が非常に多いです。
当然、小学生年代に身体の動かし方を覚えておけば、大人になってから腰が痛い、膝が痛いとなるリスクも軽減できます。

数か月で効果は出始めると思いますので、是非取り組んでみて下さい。